モバイルバッテリーを飛行機に持ち込みする時は注意が必要です!

モバイルバッテリー旅行

今や旅行の持ち物に欠かせないモバイルバッテリー。飛行機に乗って国内・海外旅行に行く場合、個数や容量に気をつけないと機内持ち込みができずに廃棄になる可能性も。今回はANAやJAL, Peachなどの航空会社各社の制限と、国際線でも安心して機内持ち込みが出来るおすすめのモバイルバッテリーを紹介します。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの容量による制限と個数

まず気をつけないといけないのが、国内線・国際線問わず、モバイルバッテリーを預け荷物の中に入れて預けることは出来ません。

それを踏まえた上で各社の容量の制限と個数は下記の通りになっています。

ANA

リチウム金属電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下のものは機内へお持ち込みできます。お預けはできません。

リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のものは2個まで機内持ち込みできます。お預けはできません。

携帯電話用のリチウムイオン電池内蔵充電器は、予備電池の扱いです。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/baggage/limit/caution-restriction03.html
日本航空(JAL)

予備電池*1、携帯型充電器(モバイルバッテリーなど)のワット時定格量が100Wh以下

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/baggage/limit/
機内持ち込み
お預け×

予備電池*1、携帯型充電器(モバイルバッテリーなど)のワット時定格量が100Whを超え、160Wh以下

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/baggage/limit/
機内持ち込み2個まで*2
お預け×

予備電池*1、携帯型充電器(モバイルバッテリーなど)のワット時定格量が160Whを超えるもの

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/baggage/limit/
機内持ち込み×
お預け×

*1 短路(ショート)しないように個別に保護してあるもの

*2 2個まで(携帯型医療用電子機器の予備のリチウム電池やリチウムイオン電池も含む。ただしリチウム含有量が2gを超え8g以下のもの、ならびにワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のもの)

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/baggage/limit/
ピーチ(Peach)
ピーチ モバイルバッテリー
https://www.flypeach.com/application/files/1615/2111/4809/Dangerous_Goods_List_JP_20170705.pdf
ジェットスター(Jetstar)
ジェットスター モバイルバッテリー
https://www.jetstar.com/_/media/files/japan-and-korea/japan/dangerous_goods/dangerous_goods_list.pdf
スカイマーク(SKYMARK)
https://www.skymark.co.jp/ja/baggage/limit.html

*短絡(ショート)しないように個別に保護してあるもの

https://www.skymark.co.jp/ja/baggage/limit.html
エアドゥー(AIRDO)
https://www.airdo.jp/departure/baggage/caution-restriction/

※1 お預けになる場合は、本体の電源を完全にお切りください(スリープモード不可)。また本体を強固なスーツケースまたは衣類等で梱包するなど保護をしてください(偶発的な作動や損傷による発火を防止するため)。

※2 短路(ショート)しないように個別に保護してください。

https://www.airdo.jp/departure/baggage/caution-restriction/
タイ国際航空(Thai Airways)
タイ国際航空 モバイルバッテリー
https://www.thaiairways.com/ja_JP/plan/travel_information/baggage.page?section=7
チャイナエアライン(中華航空・China airlines)
チャイナエアライン モバイルバッテリー
スクート(Scoot)

リチウム電池を抜き取り、機内へと持ち込んでください。

リチウム電池は160Whを超えてはなりません。

乗客1名につき100-160Wh の予備のリチウム電池を2個まで機内に持ち込むことができます。

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/before-you-fly/baggage#:~:text=%E5%8F%97%E8%A8%97%E6%89%8B%E8%8D%B7%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%A0%B4%E5%90%88%EF%BC%9A,%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

国際線で機内持ち込みする場合は日本よりも制限が厳しい場合があるかも

国際線の場合でも制限はあまり変わりはありませんが渡航前、モバイルバッテリーを購入する前に一度航空会社HPで確認をされることをお勧めします。

スポンサーリンク

どんなモバイルバッテリーを選べばいいの?

  1. モバイルバッテリーの発火による事故が相次いでから今ではモバイルバッテリーにもPSEマークが義務付けられるようになりました。なので安全なモバイルバッテリーを買う基準としてPSEマーク付きのモバイルバッテリーを選ぶことが大切です。
  2. 国内線、国際線共に多くの航空会社で機内持ち込み可の100Wh(27,027mAh)以下
  3. 100Wh(27,027mAh)を超え160(43,243mAh)Wh以下の場合はそれぞれの航空会社のルールが違う事が多いので特に要注意です。

国際線でも安心して機内持ち込みができるおすすめのモバイルバッテリー

PSEマーク付き、100Wh(27,027mAh)以下のモバイルバッテリーを人気のアンカーで選んでみました!

Anker PowerCore 10000

迷ったらこれ!Ankerと言えば定番のこの商品(10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】
日本、アメリカ等の世界各国で累計3000万台以上を販売しているロングセラー製品です。

Anker PowerCore III 10000 Wireless

ワイヤレス充電機能搭載モデル(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー) 【ワイヤレス出力 10W / USB-Cポート出力 18W / PD対応 / Qi認証 / PSE認証】

Anker PowerCore Slim 10000 PD

薄型モデル(10000mAh PD対応 大容量)【PSE認証済/USB Power Delivery対応/低電流モード搭載】

Anker PowerCore 26800

機内持ち込みギリギリの超大容量(26800mAh 超大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / デュアル入力ポート / 3台同時充電

Anker PowerCore 20100

20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー 【PSE認証済/PowerIQ搭載/マット仕上げ】

Anker PowerCore Essential 20000 PD

20000mAh 大容量 モバイルバッテリー【USB Power Delivery対応/PowerIQ 2.0搭載 / PSE認証済】 

この中から選ぶと間違いはないでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました